みずしまの家 水嶋建設株式会社

「みずしまの家」を愛するスタッフの日常

工事部のブログ

職場体験学習がありました2018年11月 9日金曜日

こんにちは。

今年も、職場体験学習の生徒さんが来てくれました。

今年は、女子中学生 1名!

 

1日目、2日目は、アーキトレンドというCADソフトを使い、

自宅の図面を作成しました。

当日までの宿題として、自宅の間取り図を書いてきてもらったのですが

これがとても綺麗でわかりやすい!!

そのおかげで、とてもスムーズに進めることが出来ました。

2日間とも、一生懸命取り組んでくれたため進みが良く

時間があれば…と思っていた内観パースの作成まで行うことが出来ました。

 

 

S__4341763.jpg

20181108162815-0001.jpg

20181108162830-0001.jpg

3日目は、現在工事を進めている現場へ見学に行ってもらいました。

実際に現場を見てもらい、どんな材料を使っているかなど

みずしまの家のこだわりを感じてもらいました。

 

CAD体験も現場見学も、とても楽しかったと話してくれて

将来は、設計に携わる仕事をしたいと話してくれました。

未来の建設業界を担うかもしれない彼女に期待です!

私も負けてられないな、と感じた3日間でした。

 

職場体験に来てくださり、ありがとうございました。

社長のブログ

家づくりを考える方へ2018年11月 6日火曜日

こんにちは、

少し家の寿命について考えませんか。

一般的に住宅の寿命は30年とか40年とよく言われてます。

記事によっては25年とも、、、

これらは、実際に建て替えなどによって解体された住宅の平均築年数なので、すべての住宅が40年ではないですよね。

まさか、40年するとあちこち崩壊が始まってくる!なんてことは無いはずです。

理由はたくさんあります。

・外観の見た目、汚れ、雨漏り

・設備機器の老朽化

・家族構成の変化

・寒い、熱い

・地震が心配

・買い替え更地売却、、、etc

P7020617.jpg

戦後70年の間に家づくりも様々な工法が現れました。

高度成長期の大量供給に貢献された、工場生産のプレハブ住宅や欧米からの2×4などが爆発的に普及してきました。

それ以前の家はどうでしょう。

「地域の職人さんが地域の材料で地域の環境や文化に適した家づくり」をされていました。

ご存知とは思いますが、法隆寺は家ではありませんが築1340年以上です。

神戸の箱木千年家(はこぎせんねんや)は築710年余り!です。

正真正銘、家(住宅)です。

hakogi.jpg

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/estate/bunkazai/syokai/hakogi.html

「千年家」とは千年経った家ではなく「古い家」という意味だそうです。

もう何が言いたいかお分かりと思います。

木の家はとんでもなく長寿命だということなんです。

「知ってるよ!」とか「でもねえ・・」とか聞こえてきそうですね。

どうして?どうすれば?とかは、次回にもう少し詳しく!

ではまた。

工事部のブログ

お宅拝見見学会を開催しました!2018年11月 5日月曜日

こんにちは。

11月に入り、寒さが強くなってきましたね。

朝、布団から出るのが辛くなってきた近藤です。

 

11月3日にお宅拝見見学会を開催しました!

お宅拝見とある通り、もう住まわれているお宅にお邪魔し年数が経つとどのようになるのか、

生活感のあるみずしまの家を見ていただく見学会です。

 

今回、見学会を行わせて頂いたのは

築7年目のW様邸 と 今年完成したばかりのM様邸 です。

 

IMG_2585.jpg

W様邸は、フランス風古民家をイメージしアンティーク調の建具や照明が目を引くお宅になっております。

 

IMG_2587.jpg

M様邸は、白を基調とした西海岸風デザインのお宅になっております。

 

 

 

完成見学会では感じられない、見られない、生活感や各家庭の工夫が見られます。

ゆっくり、じっくりと見学いただけました。

 

 

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

また、会場をご提供下さいました、M様、W様ありがとうございました。

 

お宅拝見見学会は随時開催致します♪次回をお楽しみに!

社長のブログ

家づくりを考える方へ2018年11月 3日土曜日

こんにちは、

先日「クロニカ」の大原さんが取材に来社されました。

サイトはとても魅力的に古民家の良さを発信されていて、古民家にまつわる体験談なども紹介されています。
相槌うったり、思わず吹き出したり、年甲斐もなくウルっとしたり、楽しく拝見しています。

大原さんのブログは、古民家に住むとか以前に、

家づくりを考えるすべての方にお勧めします。

https://kuronika.com/renovation/339/

私が育った環境もまさに今で言う「古民家」だらけでしたので目新しいものではなく、工務店から見たらただの「古い家」(すいません)っていう感覚でしかありませんでした。

DSC_0260.JPG

とは言え、先代のころから度々古民家のリフォームや増築に携わってきましたので、伝統工法の良さは肌で感じてきたことです。

例えば、外壁に張られた杉板でさえ、雨ざらしでも木肌のままで百年以上その性能を保ってくれています。

弊社の家づくりコンセプト「ご家族の健康を害さない!環境にやさしい家」にこだわればこだわるほど。。。

結局やっぱり古民家に近づいているのではないか。

もちろん大切ではありますが、法規制やスペックだけではないなと思ってます。

大原さんのここら辺の話にはとても共感というか、的確に表現されていて凄い!です。

建築素人(もうプロ級かも)の大原さんに教えられました。

ではまた。

プロフィール

自然素材に拘り続けて半世紀。
ご希望やご予算に合わせて、住まう人の個性に満ちた心地よい空間をご提供する水嶋建設スタッフのブログ。

最近のブログ記事

月別アーカイブ

カテゴリ

2018年11月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページトップへ ▲