みずしまの家 水嶋建設株式会社

減税・補助金・助成金を活用して賢くリフォーム。

耐震補強リフォームの基礎知識

昭和56年(1981年)に新しい建築基準法が施行され、これ以降の住宅は新建築基準法の新・耐震基準をクリアすることが義務づけられています。阪神・淡路大震災では新耐震基準に準拠した住宅の被害が少なかったことが判明しています。しかし、この新・耐震基準は昭和56年(1981年)以前に建築された住宅には適用されないため、改正前に建てられた住宅は耐震性能が劣っている場合があります。また台風や雨雪などの影響と経年劣化により耐震性能を減衰させている場合もあります。耐震補強リフォームでわが家を補強し「生命と財産」を守ることが大切です。

<耐震SOSを発している家は、こんな家のこんな構造>

基礎がコンクリートではない木造住宅
基礎から土台が浮き上がり、倒壊の恐れがあります。
2階を増築した建物
1階の壁が重さに耐えられなくなっていることがあり、危険です。
開口部が大きい家
1階に開口部を大きく取った家は、壁の強度が不足の恐れがあります。
窓の多い家
壁の強度が不足している恐れがあります。
1階より2階が飛び出しているオーバーハングの家
 
2階の壁の直下に1階の壁がない家
壁の位置がズレており、2階の重みを十分に支えきれていない恐れがあります。
増築を繰り返してきた家
地震などの際、各部屋がバラバラな動きをして損傷をうけやすくなります。
昭和56年(1981年)以前の建物
新耐震基準施行以前の建物は建物を支える壁の強度が不足している場合があります。
大きな吹き抜けのある家
 

バリアフリーリフォームの基礎知識

バリアフリーリフォームとは、家の中の各部位・バルコニー・デッキ・玄関アプローチなどにおいて、事故の無い快適な毎日を実現するために改修することです。このリフォームを行うことで高齢者はもとより、妊娠している方、幼児、お客さまにとっても安心・快適な空間を確保します。

<バリアフリーリフォームをする箇所とその効果>

段差をなくす
つまずき事故防止のため、家の内外の段差をなくします。
手すりを付ける
階段、廊下、浴室、玄関、玄関アプローチなどに設置。歩行が楽になります。
扉から引き戸に
引き戸にすると車椅子でも使えます。デッドスペースもなくなります。
ヒートショック対策
リビングから寒い廊下に出た時、脱衣所から浴室に入った時など、温度差によって血管が急変動し、心筋梗塞や脳出血を起こす恐れを解消します。

上記の他「廊下の拡幅」「階段の勾配の緩和」「浴室の改良」「トイレの改良」「床表面の滑り止め」などがバリアフリーリフォームの対象になります。


介護リフォームの基礎知識

既存の住宅構造が高齢者に適していない状況は、家の中での転倒・転落などの事故の原因となっています。高齢者の介護問題は「住宅の問題」でもあるという認識のもとに、介護リフォームによる住宅のバリアフリーで、高齢者の住宅内の事故の発生を低減させるとともに介護者の負担を軽くすることで介護の「量と質」を上げることも可能になります。

<ケアプランをもとに介護リフォーム>

介護リフォームは通量のリフォームと違い、経験豊富な専門家からの適切なアドバイスが欠かせません。要支援・要介護の認定を受けた方がご家族にいる場合は、ケアマネージャーにケアプラン(介護サービス計画)を依頼し、実際の工事はバリアフリーリフォームに知識と経験、実績のある業者を選ぶようにします。

<バリアフリー / 介護リフォームをする箇所とその効果>

段差をなくす
つまずき事故防止のため、家の内外の段差をなくします。
手すりを付ける
階段、廊下、浴室、玄関、玄関アプローチなどに設置。歩行が楽になります。
扉から引き戸に
引き戸にすると車椅子でも使えます。デッドスペースもなくなります。
ヒートショック対策
リビングから寒い廊下に出た時、脱衣所から浴室に入った時など、温度差によって血管が急変動し、心筋梗塞や脳出血を起こす恐れを解消します。

上記の他「トイレの改良」「床表面の滑り止め」なども介護リフォームの対象になります。


ページトップへ ▲