みずしまの家 水嶋建設株式会社

会社情報

家づくりにかけた想い

家が持つ「本来のチカラ」を取り戻したい。

あなたが今お住まいの近くにある古い住宅を、ちょっと思い浮かべてください。どの家も、木と土と紙、そして石(ガラス)でできています。全て自然素材なんですね。このような家の壁は空気を通し、外部と室内の空気を行き来させます。つまり「家が呼吸している」のです。このような家に住む人がシックハウス症候群にかかったなんて聞いたことがありません。

しかし季節の変化に関わらず一年中コントロールされた室温で暮らそう。それが快適、という考えでエアコンが登場してから、家の姿が変わってきます。エアコンの効率を上げるには家の気密性が求められます。空気を通さない外壁材。室内の壁はビニールクロス。エアコンの効きをよくするために、家の呼吸を止めてしまうわけです。当然、窓を開けることも少なくなります。

空気が動かない室内で、ビニールクロスの石油系接着剤や新建材からホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質が発生し、まず子どもが、次に母親が、つまり家にいる時間の長い人からシックハウスに侵されはじめます。家にいる時間の少ない父親は、まさか家がその原因なんて思いもよりません。だって家はこんなに奇麗で、室温も快適なのですから。

だから昔の家に戻ろう。と言いたいわけではありません。でも、家の、そして住まい方の基本に立ち戻ってみたいのです。快適という考え方をそこから始めたいのです。基本はこうです。

  • 空気を通す無垢の木材・外壁材・内壁材(ともに自然素材)で、家を呼吸させる
  • 断熱材にセルロースファイバー(古紙が原料の自然素材)を入れ、調温・調湿を行う
  • 深い軒や窓には庇(ひさし)をつけて、夏冬の日光を調整する
  • 風の通り道を考えた間取りにする
  • 家の周りには広葉樹を植える(夏には葉が茂って木陰が空気を冷やし、冬には落葉して日差しを取り込む)

「みずしまの家」はこのような考え方を家づくりの基本にしています。「四季を感じ、ずっと健康に」。それが家本来のチカラです。デザインや暮らし方についてあなたのこだわりやご要望・ご希望にしっかりお応えしながら、あなたの家族が永く健康でいつづけられる家をお届けします。

木肌の家、素肌の暮らし。
ーみずしまの家づくり

一級建築士 代表取締役社長

ページトップへ ▲