みずしまの家 水嶋建設株式会社

水嶋建設・技と想いの継承

水嶋建設 〜技と想いの継承〜

水嶋建設の歴史は、建築技術を磨き、後世にそれを伝えていく歴史でもあります。

木と語り、木の良さを引き出すのはいくら時代が移ろうとそれは棟梁 (大工) の領分。

水嶋建設は技を伝え、技を活かし、いい家とは何かをつねに追求し続けています。

会社沿革

1955年 創業者・水嶋進が「水嶋建設」を創業。
棟梁として自社大工・職人を育成。職業訓練所でも指導する。
1967年 現本社東側に作業所及び事務所移転。
純木造入母屋造り本屋普請を多く手掛ける。
1972年 「水嶋建設株式会社」 として法人設立(資本金1,000万円)
1973年 現在の本社を新築し営業を開始。
木造住宅の他に店舗・工場等も手掛ける。
1975年 プレカット設備を視野に、現在の木材加工工場を建設。
1978年 一級建築士事務所開設。建築士会・事務所協会に入会。
1980年 官庁工事を始める。市内に組合としてプレカット工場建設。
1988年 マンション建設工事を始める。売り上げ5億円達成。
1990年 地元「報恩寺」本堂設立。
1995年 資本金2,000万円に増資。
1996年 特定建設業許可取得。豊田まちなみ景観賞を受賞。
1998年 宅地建物取引業許可取得。土地取引・土地分譲を開始。
1999年 リフォーム・改築にも力を入れる。住宅性能保証機構登録。
2000年 中国(アモイ・大連・福州等)の生産工場と提携。
輸入開始。無垢の家PR。
2001年 創設者 水嶋進が会長に就任。後継に水嶋淳が社長に就任。
2006年 3月 JIO (日本住宅保証検査機構) に登録。
2008年 2月 スイスジュネーブのイベントにISSを出展。

建築全般のノウハウを集結。
自然素材を中心とした家づくりの研究を始める。

エアコン等の機械に頼らなくても住み心地のいい
自然素材の家『住み心地の家』を発表。
2011年 自然素材+高断熱全面通気工法の家を
『みずしまの家』ブランドとして発表。
ページトップへ ▲