みずしまの家 水嶋建設株式会社

みずしまの家の坪単価につきましては、お客様ごとにわかりやすくご説明します。

お客様からよくお問い合わせをいただくことのひとつに「坪単価」があります。
坪単価とは建物価格を坪数で割り算した金額ですが、範囲の設定・解釈や仕様の違いなどさまざまな要素によって大きな差が出るため、当社ではプロモーションなどにおいて具体的な数字を公開・表示しておりません。ちなみに近年の「みずしまの家」の目安としては、施工面積40坪前後で坪単価60万円前後の事例を多く手がけています(施工面積35~120坪・坪単価50~75万円)。
お客様とのお打ち合わせの際には、個別に詳しくご説明させていただきますので、ご納得のいくまでお気兼ねなくご質問・ご要望をお伝えください。

坪単価を検討する際には、以下のような項目に注意が必要です。


外壁材や屋根材、住宅設備機器などの仕様は?

「みずしまの家」のコンセプトに反しない限り、当社からメーカーなどを指定することはいたしません。
お客様ご自身でご選定いただいたうえで、費用をご提示します。

※たとえば40坪の住宅に40万円のシステムキッチンを導入した場合と200万円のシステムキッチンを導入した場合を比較すると、それだけで坪当たり4万円の差額が生じることになります。


延床面積として計算するか、それとも施工面積か?

建築確認申請上の延床面積は、主に壁で囲まれた部分の各階の合計面積です。
一方、施工面積にはバルコニーや玄関ポーチ、吹き抜け、小屋裏・ロフトなどを含むケースが多く、その項目にもばらつきが見られます。

※たとえばまったく同じ建物でも、延床面積40坪・2400万円なら坪単価は60万円ですが、バルコニーその他を加えて施工面積49坪・2400万円と計算すれば坪単価は約49万円となります。


建築工事費をどの範囲までと設定するのか?

住宅建築に必要な費用は、本体建築工事費、屋外給排水・電気設備工事費、外構工事費、建築確認申請費、瑕疵担保保険料、カーテン・エアコン・照明器具の購入代金など多岐に渡ります。そのうちどの項目を計上するかは、各住宅メーカーによって判断やスタンスもまちまちなのが現状です。当社では本体建築工事プラス、屋外給排水・電気設備工事までを建築工事費と設定しています。

※なお建築工事費には含みませんが、上記以外の工事費見積もりもご提示しますのでお気軽にご相談ください。また、火災保険料、銀行諸費用、予備費用など、あらゆる側面から無理のない資金計画をお手伝いいたします。


平屋建てか、一部2階建てか、総2階建てか?

同じ坪数の平屋建てに比べ総2階建てでは、屋根面積と基礎面積が半分で計算されます。つまり、2階建ての住宅のほうが坪単価が安いことになります。


平面形状は正方形か、長方形か、あるいは複雑か?

同一面積の住宅の場合、凹凸がなく外周寸法が最も短い正方形(またはシンプルな長方形)が外壁面積も少なく、一番コストがかかりません。


ページトップへ ▲