みずしまの家 水嶋建設株式会社

ZEHビルダー情報

ZEHビルダーとは?

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定しました。


ZEHシリーズ受託率目標

平成29年度30%
平成30年度30%
平成31年度30%
平成32年度60%

ZEHの周知・普及に向けた具体策

「みずしまの家」は、従来より省エネルギー住宅や長期優良住宅に取り組み、自社ホームページでもその旨を公開してきました。今後もZEHを踏まえた省エネルギー住宅への取り組みを、ホームページやチラシなどを通じて進めていきたいと考えています。


ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEH基準達成のために重要な要素となる太陽光発電の提案においては、発電効率が最良となるよう、屋根形状の設計を工夫・推進することによって工事費削減を目指します。また、サッシ等使用建材の見直しを行い、費用対効果を追求した最良の方法を模索・提案します。


その他の取り組みなど

ZEH基準の高性能な住まいを建築していくことにより、長く、健康に、安心して暮らせる生活を提供します。


ページトップへ ▲