みずしまの家 水嶋建設株式会社

宮大工を目指していくような、志の高い大工職人を求めています。

水嶋建設では現在、継続して広く大工職人を募集中です。

創業50年以上を数える当社は、神社・仏閣などの仕事も多く手がけ、腕のいい大工たちを一定の人数は確保できています。ですが残念ながら、高齢化などにより引退を迎える職人がいる一方、若い世代の人材獲得には限界があり、慢性的に不足しているのが現状です。

当社の家づくりの基本姿勢は、「地域に育った木材を使い、地元の熟練の職人が、地域の風土に合った住まいをつくること」。ですからノコギリ・ノミ・カンナなど基本的な道具を使いこなす技術、建材に合う接着剤や接合金具の幅広い知識はいうまでもなく、伝統的な「手刻み」の工程を実現する高度な技も必要になります。

決して甘い世界とはいえませんが、当社では若手の育成に力を注いでおり、情熱さえあれば着実に腕を磨いていける環境も整っています。そしてゆくゆくは、神社、お寺、おみこしなど、宮大工としても活躍する大工に成長してほしいと願っています。

「手刻み」について詳しくはこちら >>

気温や湿度の変化が激しい日本の気候風土には、伝統的な木造住宅が適しているといわれます。大工は自らの技と経験と情熱で、その建築物に命を吹き込んでいきます。自然志向・安全志向の現代にあって、大工の仕事はますます社会に注目され、求められるに違いありません。
興味がありましたら、ぜひご連絡ください。若き才能と熱き魂の挑戦を、私たちは心から歓迎します。

  • ※ 待遇・条件などは面談のうえ、経験も考慮しながらご提示します。
  • ※ 関連する資格がなくても応募可能です。当社が細かくサポートします。
ページトップへ ▲